Social Psychology Lab
Japanese|English

社会心理学ゼミへようこそ!

名古屋大学情報学研究科 心理学講座 唐沢研究室のホームページです

Highlights

偏見や差別はなぜ起こる?

以下の書籍が出版されました:北村英哉・唐沢穣(編著)「偏見や差別はなぜ起こる?−心理メカニズムの解明と現象の分析−」 ちとせプレス →詳細はこちら(外部サイト)

毎日新聞(2018年10月7日)に書評が掲載されました

責任と法意識の人間科学

以下の書籍が出版されました:唐沢穣・松村良之・奥田太郎(編著)(2018)責任と法意識の人間科学 勁草書房 →詳細はこちら(外部サイト)
この書籍と関連する学会報告等は以下の通りです。
・応用哲学会第10回年次研究会のワークショップ「責任と法をめぐる『素朴理解』に関する実証研究とその哲学的含意」(2018年4月8日 於・名古屋大学)
・日本心理学会第82回大会公募シンポジウム「法学と社会心理学の出会い(3)素朴法意識の諸相(2018年9月27日 於・仙台国際センター)



「分け隔てする心のしくみ」

唐沢教授がTEDxNagoyaU (2013) にてプレゼンテーションを行いました。

What's New

Dacher Keltner 教授による講演会(2019年10月11日)

情報学研究科・価値創造研究センター主催『名古屋大学 ポジティブ情報学セミナー』で、
Dacher Keltner 教授(University of California, Berkeley)にご講演いただきました。

演題:The Story of Awe: Toward a Science of the Sublime

企画・開催:
名古屋大学情報学研究科 価値創造研究センター「ポジティブ情報学」プロジェクト
科研費・基盤研究(B)「社会の分断をあおるコミュニケーションの発生・伝搬・共有過程」
(研究代表者:唐沢穣)

Arthur Stukas先生によるゲストレクチャー(2019年4月10日)

オーストラリアのLa Trobe Universityから、Arthur Stukas先生が来日されました
(2019年3月16日〜4月21日)。
当研究室にも来訪され、新年度のゼミにてゲストレクチャーを行ってくださいました。

演題: Understanding and Reducing the Negative Effects of "Mandatory Volunteerism”

浜村武先生による講演会(2018年11月6日)

情報学研究科・価値創造研究センター主催『ポジティブ情報学レクチャー・シリーズ』で、
浜村武先生 (Senior Lecturer, Curtin University, Australia) にご講演いただきました。
(共催:情報学研究科 グローバルメディア研究センター)
ビッグ・データを活用した社会/文化心理学研究の可能性についてご講演のあと、国際政治学、
メディア研究、計算社会科学、心理学等の幅広い分野からの出席者を交えて活発な討論が行われました。

Andrew Ryder 先生を招いて講演会を開きました(2018年8月1日)

カナダ・コンコーディア大学の臨床文化心理学者 Andrew Ryder 准教授による講演会が開催されました。

講演題:CULTURAL MODELS FOR NORMALCY AND DEVIANCE: IMPLICATIONS FOR UNDERSTANDING WELL- AND ILL-BEING

Itesh Sachdev先生来訪(2017年11月13日)

ロンドン大学東洋アフリカ研究学院教授のItesh Sachdev先生が当研究室を来訪されました。

講演題:Speaking in Tongues: Multilingual Communication & Identity

Christina Brown先生来訪

Arcadia大学のChristina Brown先生が当研究室を来訪されました。(2017年5月21日-5月29日)

Marilynn Brewer先生来訪

オハイオ州立大学・ニューサウスウェールズ大学名誉教授のMarilynn Brewer先生が当研究室を来訪されました。(2016年8月4日)

IACCP開催

唐沢教授が組織委員長を務めましたInternational Association for Cross-Cultural Psychology(国際比較文化心理学会)第23回大会(2016年7月30日〜8月3日;名古屋大学, ウィンク愛知)が、盛況の内に終わりました。体験記はこちら

以下の論文・出版物が公刊(または予定)されました

  • Hirozawa, P., Karasawa, M., & Matsuo, A. (2019). Intention matters to make you (Im)moral: Positive-negative asymmetry in moral character evaluations. The Journal of Social Psychology. DOI: 10.1080/00224545.2019.1653254

  • Bastian, B., Vauclair, M., Loughnan, S., Bain, P., … Karasawa, M., et al. (2019). Explaining illness with evil: Pathogen prevalence fosters moral vitalism. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences.

  • Matsuo, A., Brown, C. M., Norasakkunkit, V., & Karasawa, M. (2019). How can I become a member of my culture?: Shared representations of community-related moral violation in Japan and the U.S. Culture and Brain. DOI: 10.1007/s40167-019-00084-z

  • Wice, M., Matsui, T., Tsudaka, G., Karasawa, M., & Miller, J. G. (2019). Verbal display rule knowledge: A cultural and developmental perspective. Cognitive Development, 52 (in print; published online, June 25). DOI: 10.1016/j.cogdev.2019.100801.

  • Karasawa, M., Asai, N., & Hioki, K. (2019). Psychological essentialism at the explicit and implicit levels: The unique status of social categories. Japanese Psychological Research, 61, 107-122. DOI: 10.111/jpr.12246.

  • Sprong, S., Jetten, J., Wang, Z., Peters, K., Mols, F., Verkuyten, M., Bastian, B., … Karasawa, M., et al., (2019). “Our country needs a strong leader right now”: Economic inequality enhances the wish for a strong leader. Psychological Science. DOI: 10.1177/0956797619875472

  • Matsuo, A., Sasahara, K., Taguchi, Y., & Karasawa, M. (2019). Development and validation of the Japanese Moral Foundations Dictionary. PLoS ONE, 14, 1-10.
    https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0213343 (doi: 10.1371/journal.pone.0213343)

  • Tsukamoto, S., Kashima, Y., Haslam, N., Holland, E., & Karasawa, M. (2018). Entitativity perceptions of individuals and groups across cultures. In J. Spencer-Rodgers, & K. Peng. (Eds.), The psychological and cultural foundations of East Asian cognition: Contradiction, change, and holism (pp. 333-351). New York: Oxford University Press.

  • Smith, H. J. , Ryan, D. A., Jaurique, A., Pettigrew, T. F., Jetten, J., …. Karasawa, M., et al. (2018). Cultural values moderate the impact of relative deprivation. Journal of Cross-Cultural Psychology, 49, 1183-1218. DOI: 10.1177/0022022118784213

  • Smeeks, A., Jetten, J., Verkuyten, M., Wohl, M. J. A., Jasinskaya-Lahti, I., …, Karasawa, M. et al. (2018). Regaining in-group continuity in times of anxiety about the group’s future: A study on the role of collective nostalgia across 27 countries. Social Psychology. (Published online, October 9). DOI: 10.1027/1864-9335/a000350

  • Matsuo, A., & Brown, C. M. (2018). Reflected self in others: Narcissism as motivation for moral conduct. Journal of Integrated Social Sciences, 8, 55-67.

  • 柳 学済・堀田 美保・唐沢 穣 (2018) 外集団成員との相互作用の予期が集合的罪悪感に与える影響 実験社会心理学研究, 58, 45-52. (https://doi.org/10.2130/jjesp.1614)

最近の学会発表

  • 唐沢 穣・浅井暢子(2019)日本的イデオロギーと分断の可能性:調査データ 日本心理学会第83回大会公募シンポジウム「『分断社会』の心理的起源:計算論的手法で読み解く政治的意見の形成・伝搬過程」話題提供者 (立命館大学 9月12日)
  • 松尾・笹原・田口・唐沢 (2019) Moral Foundations Dictionary日本語版の作成 第3回計算社会科学ワークショップ 3月
  • Nakamura, H., Matsuo, A., & Majima, Y. (2019, March). Individual Differences in Anthropomorphism and Attitude Toward Nonhuman Agents in Japanese. International Convention of Psychological Science Conference, Paris, France.(ポスター)
  • Kershner, A., Sansevere, K., Hardy, P., Remache, L., Matsuo, A., & Brown, C. (2019, February). Consensus in perceived moral violations: A comparison of Japan and the U.S. Eastern Psychological Association conference, New York. (ポスター)
  • 唐沢 穣(2018b)集団の意図と責任 -実体の認知か擬制か-日本心理学会第82回大会公募シンポジウム「法学と社会心理学の出会い(3)素朴法意識の諸相」話題提供者(仙台国際センター・9月27日)
  • 松尾・笹原・田口・唐沢 (2018) Moral Foundations Dictionary日本語版を用いた道徳違反単語数の日米比較 日本心理学会 第82回大会 9月(ポスター)
  • 唐沢 穣・塚本早織・柳 学済(2018) 日本人の国民・国家意識とそのイデオロギー性:愛国心、ナショナリズム、国際主義の現在 日本社会心理学会第59回大会(追手門学院大学・8月29日)
  • 金内さよ・三浦麻子・唐沢穣 (2018) 報復や報恩は連鎖するか: 社会的地位関係の変化が報酬分配に及ぼす影響, 日本社会心理学会第59回大会, 追手門学院大学, 8/28.
  • Hirozawa, P. Y., & Karasawa, M. (2018). Accepting a request with implied rule violation: A Brazil-Japan comparison on underlying psychological processes. A paper presented at the 24th International Congress of International Association for Cross-Cultural Psychology. University of Guelph, Ontario, Canada (July 4).
  • 唐沢 穣(2018a)集団の意図と責任―社会心理学的検証― 応用哲学会第10回年次研究会(ワークショップ「責任と法をめぐる『素朴理解』に関する実証研究とその哲学的含意」話題提供者 名古屋大学 4/8

招待講演等

唐沢 穣
  • The use of transitive verbs elicits the perception of blame, power, and trait characteristics of the speaker. D. P. S. S., University of Padova, Italy. (March 26, 2019).
  • 「ことばの綾と対人認知の機微-エージェンシー、責任、そして非難-」 ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 関西学院大学・大阪梅田キャンパス 2018年8月27日

その他の2016年以降のお知らせ(クリックで表示します)


過去のお知らせ


2019年のお知らせ

詳しくはこちら

2018年のお知らせ

詳しくはこちら

2017年のお知らせ

詳しくはこちら

2016年のお知らせ

詳しくはこちら

2015年のお知らせ

詳しくはこちら

2014年のお知らせ

詳しくはこちら

2013年のお知らせ

詳しくはこちら

2012年のお知らせ

詳しくはこちら

2011年のお知らせ

詳しくはこちら

2010年のお知らせ

詳しくはこちら

2009年のお知らせ

詳しくはこちら

2008年のお知らせ

詳しくはこちら


コンタクト

E-mailアドレス

mkarasawa(at)nagoya-u.jp 送信時は(at)を@ に換えてください

住所

〒4648601
名古屋市千種区不老町 B4-1(780)
名古屋大学大学院情報学研究科 唐沢研究室

募集要項

名古屋大学大学院情報学研究科のHPをご覧ください
▲ページ上部へ戻る

カウンター since 3/2011