Social Psychology Lab
Japanese|English

社会心理学ゼミへようこそ!

名古屋大学情報学研究科 心理学講座 唐沢研究室のホームページです

Highlights

偏見や差別はなぜ起こる?

以下の書籍が出版されました:北村英哉・唐沢穣(編著)「偏見や差別はなぜ起こる?−心理メカニズムの解明と現象の分析−」 ちとせプレス →詳細はこちら(外部サイト)

毎日新聞(2018年10月7日)に書評が掲載されました

責任と法意識の人間科学

以下の書籍が出版されました:唐沢穣・松村良之・奥田太郎(編著)(2018)責任と法意識の人間科学 勁草書房 →詳細はこちら(外部サイト)
この書籍と関連する学会報告等は以下の通りです。
・応用哲学会第10回年次研究会のワークショップ「責任と法をめぐる『素朴理解』に関する実証研究とその哲学的含意」(2018年4月8日 於・名古屋大学)
・日本心理学会第82回大会公募シンポジウム「法学と社会心理学の出会い(3)素朴法意識の諸相(2018年9月27日 於・仙台国際センター)



「分け隔てする心のしくみ」

唐沢教授がTEDxNagoyaU (2013) にてプレゼンテーションを行いました。

What's New

唐沢研・楠見研合同研究会

京都大学楠見研究室との合同研究会が京都大学吉田キャンパスで開催されました
(2018年10月8日)。
唐沢研からは院生の朴と金内が研究発表を行いました。社会心理学および
認知心理学分野における研究知見の情報共有・意見交換を行うことができ、
大変有意義な会となりました。
楠見研究室の皆さま、並びに参加してくださったOBの皆さまに、感謝申し上げます。

Andrew Ryder 先生を招いて講演会を開きました

カナダ・コンコーディア大学の臨床文化心理学者 Andrew Ryder 准教授による講演会が開催されました(2018年8月1日)。

講演題:CULTURAL MODELS FOR NORMALCY AND DEVIANCE: IMPLICATIONS FOR UNDERSTANDING WELL- AND ILL-BEING

Itesh Sachdev先生来訪

ロンドン大学東洋アフリカ研究学院教授のItesh Sachdev先生が当研究室を来訪されました。(2017年11月13日)

講演題:Speaking in Tongues: Multilingual Communication & Identity

シンポジウム開催@AASP

Asian Association of Social Psychology(アジア社会心理学会)第12回大会(2017年8月26日〜28日;Massey University,Auckland,New Zealand)にて、以下のシンポジウムを開催しました。

タイトル:Trends in the Study of Moral Judgements

  • Organizers:Minoru Karasawa & Emma Bechtel
  • SpeakersAkiko Matsuo (Nagoya University),Benjamin Smith (University of Southern California),Emma E. Buchtel (Education University of Hong Kong),Yuri Tanaka (Nagoya University)

唐沢教授が名古屋大学公開講座『格差の様相 多様性と成長』で講義を行いました。第3回『「心の壁」がもたらす分断と格差』を担当(2017年10月5日)

内容の一部は、名古屋大学ラジオ公開講座・リレーセミナー(東海ラジオ)で放送されました(2017年8月20日)

Christina Brown先生来訪

Arcadia大学のChristina Brown先生が当研究室を来訪されました。(2017年5月21日-5月29日)

Marilynn Brewer先生来訪

オハイオ州立大学・ニューサウスウェールズ大学名誉教授のMarilynn Brewer先生が当研究室を来訪されました。(2016年8月4日)

IACCP開催

唐沢教授が組織委員長を務めましたInternational Association for Cross-Cultural Psychology(国際比較文化心理学会)第23回大会(2016年7月30日〜8月3日;名古屋大学, ウィンク愛知)が、盛況の内に終わりました。体験記はこちら

ハワイ大学法学部教授のJustin Levinson先生が当研究室を来訪されました (2016年6月29日-7月29日)

以下の論文・出版物が公刊(または予定)されました

  • Smith, H. J. , Ryan, D. A., Jaurique, A., Pettigrew, T. F., Jetten, J., …. Karasawa, M., et al. (2018). Cultural values moderate the impact of relative deprivation. Journal of Cross-Cultural Psychology, 49, 1183-1218. DOI: 10.1177/0022022118784213

  • Smeeks, A., Jetten, J., Verkuyten, M., Wohl, M. J. A., Jasinskaya-Lahti, I., …, Karasawa, M. et al. (2018). Regaining in-group continuity in times of anxiety about the group’s future: A study on the role of collective nostalgia across 27 countries. Social Psychology. (Published online, October 9). DOI: 10.1027/1864-9335/a000350

  • Matsuo, A., & Brown, C. M. (in press). Reflected self in others: Narcissism as motivation for moral conduct. Journal of Integrated Social Sciences.

  • 柳 学済・堀田 美保・唐沢 穣 (2018) 外集団成員との相互作用の予期が集合的罪悪感に与える影響 実験社会心理学研究, 58, 45-52. (https://doi.org/10.2130/jjesp.1614)

  • 田中 友理・宮本聡介・唐沢 穣(2016)ステレオタイプ情報はよりリツイートされるか?―ツイートの言語表現に注目した検討―. 人間環境学研究, 14, 171-178.

  • Matsuo, A., & DeSouza, E. (2016). The effects of anticipation on psychological status among narcissists. SAGE Open. doi: 10.1177/2158244016650921.

  • Teymoori A, Jetten J, Bastian B, …., Karasawa, M. et al. (2016) Revisiting the measurement of anomie. PLoS ONE 11(7): e0158370. doi:10.1371

  • Tsukamoto, S., & Karasawa, M. (2015). Dehumanization in the Judicial System: The Effect of Animalization and Mechanization of Defendants on Blame Attribution, Proceedings of the 10th Asian Association of Social Psychology Biennial Conference, 256-257.

  • Goto, N., Jetten, J., Karasawa, M., & Hornsey, M. J. (2015). The sins of their fathers: When current generations are held to account for the transgressions of previous generations. Political Psychology, 36(4), 479-487. doi: 10.1111/pops.12172.

最近の学会発表

  • Nakamura, H., Matsuo, A., & Majima, Y. (2019, March). Individual Differences in Anthropomorphism and Attitude Toward Nonhuman Agents in Japanese. International Convention of Psychological Science Conference, Paris, France.(ポスター)
  • 唐沢 穣(2018b)集団の意図と責任 -実体の認知か擬制か-日本心理学会第82回大会公募シンポジウム「法学と社会心理学の出会い(3)素朴法意識の諸相」話題提供者(仙台国際センター・9月27日)
  • 松尾・笹原・田口・唐沢 (2018) Moral Foundations Dictionary日本語版を用いた道徳違反単語数の日米比較 日本心理学会 第82回大会 9月(ポスター)
  • 唐沢 穣・塚本早織・柳 学済(2018) 日本人の国民・国家意識とそのイデオロギー性:愛国心、ナショナリズム、国際主義の現在 日本社会心理学会第59回大会(追手門学院大学・8月29日)
  • 金内さよ・三浦麻子・唐沢穣 (2018) 報復や報恩は連鎖するか: 社会的地位関係の変化が報酬分配に及ぼす影響, 日本社会心理学会第59回大会, 追手門学院大学, 8/28.
  • Hirozawa, P. Y., & Karasawa, M. (2018). Accepting a request with implied rule violation: A Brazil-Japan comparison on underlying psychological processes. A paper presented at the 24th International Congress of International Association for Cross-Cultural Psychology. University of Guelph, Ontario, Canada (July 4).
  • 唐沢 穣(2018a)集団の意図と責任―社会心理学的検証― 応用哲学会第10回年次研究会(ワークショップ「責任と法をめぐる『素朴理解』に関する実証研究とその哲学的含意」話題提供者 名古屋大学 4/8
  • 松尾 朗子・笹原 和俊・田口 靖啓・唐沢 穣(2017) Moral Foundations Dictionary日本語版を用いた道徳違反単語数の比較 日本社会心理学会第58回大会,広島大学,10/29
  • 田中 友理・唐沢 穣・大平 有紀・日置 孝一(2017)女性アイデンティティがジェンダー適合的商品の評価に与える影響,日本社会心理学会第58回大会,広島大学,10/29
  • 遠山素乃子・唐沢 穣 (2017) 加害者の道徳性が因果推論に与える影響とその規定要因日本社会心理学会第58回大会,広島大学,10/28
  • 松尾 朗子・笹原 和俊・田口 靖啓・唐沢 穣 (2017) Moral Foundations Dictionary日本語版の作成,日本心理学会第81回大会,久留米シティプラザ,9/21
  • 田中 友理・唐沢 穣 (2017) 被害者の属性情報が加害行為の解釈に与える影響,日本心理学会第81回大会,久留米シティプラザ,9/22
  • Matsuo, A., Karasawa, M., & Norasakkunkit, V. (2017, August). Can we “accurately” interpret immorality?: Cultural bases for shared representations of morality. One of the speakers in the symposium titled “Trends in the Study of Moral Judgments” at the 12th biennial Asian Association of Social Psychology Convention, Auckland, New Zealand.
  • Tanaka, Y., & Karasawa, M.(2017, August).How trait information of victims influences perception of harmful acts One of the speakers in the symposium titled “Trends in the Study of Moral Judgments” at the 12th biennial Asian Association of Social Psychology Convention, Auckland, New Zealand.
  • Hirozawa, P. Y., Karasawa, M., & Matsuo, A. (2017, August). Asymmetries of moral character evaluation for positive and negative intention. Poster presented at the 12th biennial Asian Association of Social Psychology Convention, Auckland, New Zealand.
  • Karasawa, M., Suga, S., & Sato, A. (2017, July). The use of transitive verbs elicits the perception of blame and social power. Poster presented at the 18th General Meeting of the European Association of Social Psychology. Granada, Spain.

  • Karasawa, M., Ryu, H., & Tsukamoto, S. (2017, June). The ideological nature of Japanese nationalism and patriotism. The 40th annual scientific meeting of the International Society of Political Psychology, Edinburgh, Scotland.

  • Matsuo, A., Karasawa, M., & Norasakkunkit, V. (2017, March). Why do people think of the situation as moral violation?: Perceptions of Shweder's "Big 3" morality in Japan and the U.S. Poster presented at International Convention of Psychological Science 2017, Vienna.

  • Hirozawa, P. Y., Karasawa, M., & Matsuo, A. (2017, March). Judgments of moral character for positive and negative intentions. Poster presented at International Convention of Psychological Science 2017, Vienna.

  • Tanaka, Y., & Karasawa, M. (2017, March). Is hurting a more vulnerable victim perceived to be more intentional and immoral?: the influence of perceived moral patiency of victims on moral judgements. Poster presented at International Convention of Psychological Science, Vienna.

  • Matsuo, A., Karasawa, M., & Norasakkunkit, V. (2017, January). Perceptions of Shweder’s “Big 3” Morality in Non-West: Characteristics of Moral Violation Situations in Japan. Poster presented at the annual Society for Personality and Social Psychology conference, San Antonio.

招待講演等

唐沢 穣
  • 「ことばの綾と対人認知の機微-エージェンシー、責任、そして非難-」 ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 関西学院大学・大阪梅田キャンパス 2018年8月27日
  • The moral meaning of diligence among Japanese people. D. P. S. S., University of Padova, Italy. (March 21, 2017).

その他の2016年以降のお知らせ(クリックで表示します)


過去のお知らせ


2016年のお知らせ

詳しくはこちら

2015年のお知らせ

詳しくはこちら

2014年のお知らせ

詳しくはこちら

2013年のお知らせ

詳しくはこちら

2012年のお知らせ

詳しくはこちら

2011年のお知らせ

詳しくはこちら

2010年のお知らせ

詳しくはこちら

2009年のお知らせ

詳しくはこちら

2008年のお知らせ

詳しくはこちら


コンタクト

E-mailアドレス

mkarasawa(at)nagoya-u.jp 送信時は(at)を@ に換えてください

住所

〒4648601
名古屋市千種区不老町 B4-1(780)
名古屋大学大学院情報学研究科 唐沢研究室

募集要項

名古屋大学大学院情報学研究科のHPをご覧ください
▲ページ上部へ戻る

カウンター since 3/2011