メールアドレス
takeno.masae[at]k.mbox.nagoya-u.ac.jp ([at]を@に変換してください)
キーワード
Weapon Focus Effect,凶器注目効果, visual attention, 視覚的注意
研究領域
注意と記憶の関係性について興味があります。現在は凶器注目効果の生起メカニズムに関して研究しております。
論文
  • 武野全恵 視覚的ワーキングメモリにおける内的注意の効果 ―逆向的手がかり法を用いて― 平成26年度岐阜女子大学家政学部生活科学科生活科学専攻卒業論文(未刊行)
  • 武野全恵・北神慎司 (2016)『逆向的注意の分割による視覚的作動記憶への負荷』人間環境学研究
国内学会
  • 武野全恵・上野泰治・北神慎司.『二兎を追うものは一兎をも得ず:視覚的作動記憶における逆向的注意の容量制限』,第13回「注意と認知」研究会, ホテルサンルートプラザ名古屋,2015年3月.
  • 武野全恵・上野泰治・北神慎司.『アイコニックメモリが一つしか覚えられない?』,日本認知心理学会第13回大会, 口頭,東京大学,2015年7月.
  • 武野全恵・上野泰治・北神慎司.『視覚的作動記憶内の情報に配分可能な注意容量の制限―エラー分析からの検討―』,日本心理学会第79回大会,ポスター,名古屋国際会議場,2015年9月.
  • 武野全恵・奥田絵美子・北神慎司.『解釈レベルの操作による場所の記憶の再構成的変容』,日本認知心理学会第14回大会,ポスター,広島大学,2016年6月.
  • 武野全恵・北神慎司.『文脈の操作が凶器への注意捕捉に与える影響』,第15回「注意と認知」研究会, 話題提供(口頭), ホテルサンルートプラザ名古屋,2017年3月.
  • 武野全恵・北神慎司.『凶器注目効果における凶器への注意の捕捉に文脈は無関係?』, 日本認知心理学会第15回大会,ポスター,慶応義塾大学,2017年6月.
  • 武野全恵・北神慎司.『凶器注目効果において注意の捕捉が生じる要因の検討』,日本心理学会第81回大会,ポスター,久留米シティプラザ,2017年9月.
国際学会
  • Takeno, M., Ueno, T., & Kitagami, S. 『If you run after two hares, you will catch neither: Severe capacity limitation of internal attention in visual working memory.』, Society for Applied Research in Memory and Cognition XI, Victoria, Canada, June, 2015.
  • Takeno, M., Ueno, T., Susuki, A., Kitagami, S., Allen, R.J., Hitch, G.J., & Baddeley, A.D. 『Difficulty in allocating attention to two items in visual working memory: Further insights from an error analysis』, Psychonomic Society’s 56th Annual Meeting, Poster, Chicago, America, November, 2015.
  • Takeno, M., Ueno, T., Kitagami, S., Allen, R.J., Baddeley, A.D., & Hitch, G.J. 『Prioritized items are more susceptible to perceptual interference: Evidence from mean differences, inter-individual and intra-individual correlations』, International Meeting of the Psychonomic Society 2016, Granada, Spain, Poster, May, 2016.
  • Takeno, M., Ueno, T., & Allen, R.J. 『If you run after two hares within visual working memory, you might catch both: Exploring the effect of retro-cueing multiple items after item offset』, The 6th International Conference on Memory, Budapest, Poster, Hungary, July, 2016.
  • Takeno, M., Ueno, T., & Kitagami, S. 『Meta-analysis revealed a positive relationship between the degree of prioritization of representations within visual working memory and their susceptibility to perceptual interference』, The 31st International Congress of Psychology, Poster, Yokohama, Japan, July, 2016.
  • Takeno, M., & Kitagami, S. 『Unusualness and threat?: The effect of context on an eyewitness' attention to weapons 』, 40th European Conference on Visual Perception, Poster, Berlin, Germany, August, 2017.
  • Takeno, M., Kitagami, S., & Susuki, A. 『Do Arousal and/or Unusualness Induce an Attentional Narrowing on a Weapon Focus Effect?』,Psychonomic Society’s 58th Annual Meeting, Poster, Vancouver, Canada, November, 2017.
  • Takeno, M., Kitagami, S., & Susuki, A. 『Can an unexpected but neutral stimulus change an attentional breadth?』, International Meeting of the Psychonomic Society 2018, Poster, Vancouver, Canada, May, 2018.
その他
  • 武野全恵・上野泰治『注意を向けた分,記憶内表象は新しい情報に干渉されやすい?』,第138回記憶・認知研究会,法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー,2016年1月. 話題提供
  • International Graduate Accommodation Award受賞,The 2nd International Meeting of the Psychonomic Society, March, 2016.
  • 武野全恵・北神慎司『文脈一致不一致が凶器に対する注意捕捉に与える影響』,第146回記憶・認知研究会,東京理科大学神楽坂キャンパス,2016年11月. 話題提供
  • 武野全恵・北神慎司.『物体が持つ脅威と文脈不一致性による注意のバイアスについて』,東海若手実験心理学研究会第14回研究会, 名古屋大学, 2017年11月. 話題提供
所属学会
  • 日本心理学会
  • 日本認知心理学会
  • Society for Applied Research in Memory and Cognition (SARMAC)
  • Psychonomic Society
ページのトップへ戻る